メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


営業日カレンダー
2019/05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

部品辞典

クルマを「長く、安く、安全、快適」に乗り続けるために!

クルマの構造に詳しくない方や整備は工場に全てお任せしている方が、「賢く、長く、安く、安全、快適」な車の維持を実現していただくための情報です

エンジン・動力

エアークリーナー

【別名】

エアーフィルター

【機能・役割】

エンジンの始動には空気が必要で、空気中にあるホコリやゴミをエンジン内に吸い込まない様にするフィルター

【交換時期】

10,000kmか1年以内

プジョー/シトロエン (エアフィルター/エアーエレメント) 307 C4 16V

【初期の故障・ 異常状態】

フィルター面に汚れが出ていると埃によって目詰まりしている状態と言える

【点検方法】

3ヵ月に1度程度目視で汚れを確認する

【初期対策方法 メンテナンス方法】

フィルターの清掃はせずに新しいものと交換することが必要。 微粒子の埃はエアーブローでは取れずらい。

【部品交換時の 注意点】

エアークリーナーまでの吸気パイプとエアークリーナーからエンジン側までの吸気パイプの汚れも除去する

【重度の故障・ 異常、初期異常を放置した場合】

フィルターの目詰まりを放置しておくと、燃費の悪化、燃焼効率の悪化による、スパークプラグ、排気センサー、触媒などに影響をもたらすことが考えられる。

【よくあるトラブル】

フィルターに使われている紙の面積が少ないものを使うと、目詰まりした状態と同じ状態になるため、粗悪なものは使わない。

[PR]

copyright(c)2006 株式会社北翔