メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/04
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2021/05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ゴルフ6 左フロントサスペンション曲がり

次の記事 >

メルセデスベンツ W176 異音修理

メルセデスベンツ S124 アイドリングが不安定

信号待ちでアイドリングが不安定になる症状が発生しているS124です。走行中は問題ないのですが、アイドリング時にのみ症状が出るようです。M104型エンジンなのでスロットルボディーやハーネス劣化2次エアなど原因は色々と考えられるのですが、おそらくはパージバルブ。気化したガソリンを大気解放せずに燃焼させる仕組みのパーツの一つです。

 

早速点検。エンジンを始動するとパージバルブが全く動きません。衝撃を与えても動かず取り外して電源を接続しても動きません。手持ちに予備があったのでそちらに交換するとアイドリングが安定し始めました。バルブが動作していないので、2次エアを吸っているのに近い状況。

 

パージバルブを取り寄せして交換。

 

その他クーラントが入っているにもかかわらず警告灯が点灯する症状も出ているので、クーラントレベルセンサーも交換しました。

 

パージバルブが故障すると走行出来なくなってしまうことはないのですが、減速中や停車時にエンジンがストールしてしまうことがありますので、峠の下りなどでは非常に危険です。交換歴はなかなかわかりにくいですが、予防整備として交換しておくのも良いと思います。


前の記事

ゴルフ6 左フロントサスペンション曲がり

2021-04-13

次の記事

メルセデスベンツ W176 異音修理

2021-04-02

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ゴルフ6 左フロントサスペンション曲がり

次の記事 >

メルセデスベンツ W176 異音修理

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔