メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/06
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2021/07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

メルセデスベンツ W211 オイル漏れと異音

次の記事 >

ジャガーX350 リアアーム交換

レンジローバー L322 ミッションオーバーヒート警告

走行中は問題なかったのですが、停車しているとミッションのオーバーヒート警告が発生する3rdレンジです。温度が下がるまでセーフモードに入り、正常に走行出来ない状況です。

 

点検すると、ラジエーターのATFクーラー部分が目詰まりしATFを冷却できずにATF温度が上昇してしまったようです。走行中は良いのですが、アイドルで停車しているとATF温度が110度以上になります。早速ラジエーター交換。

 

ラジエーターからATFクーラー用のサーモスタットまでのホースも目詰まり気味でした。サーモスタットとその他ホースは問題無しです。BMWのヒーターコア目詰まりと似たような症状なのでしょうか。

 

洗浄溶液とみんな大好きバスポンプでホース洗浄

 

全て組付けしてエア抜きするのですが、真空引きしたにも関わらずなかなかエアーが抜けてくれません。車両前側を上げて傾斜させた状態で数回の吹き返し後に正常になりました。

 

作業後はアイドル状態でもATF温度が上昇してしまうこともなく安定するようになりました。ミッションオーバーヒート警告が点灯せず、微妙にATF温度が高い状態が長く続くとATFの劣化が発生しミッション本体が壊れてしまう可能性があります。ATF交換を行っておらずこのような症状が発生した際には、ATFも同時に交換されたほうが良いかもしれません。

 


前の記事

メルセデスベンツ W211 オイル漏れと異音

2021-05-14

次の記事

ジャガーX350 リアアーム交換

2021-05-07

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

メルセデスベンツ W211 オイル漏れと異音

次の記事 >

ジャガーX350 リアアーム交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔