メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2021/10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

メルセデスベンツ W166 ML350 車検整備 エンジンチェックランプ

次の記事 >

ボルボ V50 車検整備

BMW F10 パワーステアリング故障

パワーステアリングが全く機能していない523iです。ステアリング特性変化の表示。以前からステアリングが重くなる症状が発生してたようですが、エンジンを再始動すると正常に戻るという状況だったので様子を見ていたとのことです。

 

ステアリング関連のエラーコードが多数発生しており消去しても再発。考えられる原因を探るべく点検に着手します。

アースチェック

ALユニット

見た目で本体、端子は問題有りません。

 

ステアリングギアボックスからALユニットまでのハーネス導通は問題無し。途中分岐のハーネスまでの導通も問題有りません。舵角センサーも正常に反応しています。リセットしても変化なし。この時点ではまだ症状が回復せず、ALユニット本体不良の疑いを考えながらさらに点検を続けます。

 

ハーネスをさらに探っているとなんとなく怪しい個所が見つかりました。途中でハーネスが接続処理されており色が変わっています。もともとこのような状態だったのか何らかの作業時に修理されたのかは不明です。コネクター根元部分のハーネスも被覆が破れており、ハーネス自体も少し硬化し始めていました。

 

ハーネスの修正と補修、接点見直しを行い再度テストします。結果はパワステの動作が正常に復活!エラーコードを消去し再発しないことを確認。試運転後も再発はありません。導通チェックでは問題が無かったので原因個所がはっきりと断定出来てはいませんが、この状態で様子を見て頂いております。


前の記事

メルセデスベンツ W166 ML350 車検整備 エンジンチェックランプ

2021-09-22

次の記事

ボルボ V50 車検整備

2021-09-13

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

メルセデスベンツ W166 ML350 車検整備 エンジンチェックランプ

次の記事 >

ボルボ V50 車検整備

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔