メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2022/01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ゴルフヴァリアント クーラント漏れ修理

次の記事 >

メルセデスベンツ S124 4MATIC警告灯が消えない

BMW E65 走行中に警告灯が点灯しエンジンが始動出来なくなった

走行中にブレーキ関係の警告灯が点灯しエンジンが再始動出来なくなったとのことで入庫したE65です。キーONにはなりますがセルモーターが回らずバッテリー電圧が3Vしかありません。バッテリーをジャンプケーブルで接続すると一発始動しますが、ケーブルを外すとエンジンが停止します。オルタネーターが故障しているかヒューズが切れていそうな雰囲気です

 

仮のバッテリーに交換しオルタネーターのB端子出力電圧を測定すると、バッテリー電圧よりも低い状態。ヒューズ切れも無いことからオルタネーターが故障しているのでオルタネーターを取り寄せし交換します。

 

交換後は充填電圧も正常になり、電圧低下で発生した大量のエラーコードも全て消去出来たのですが、別の問題が見つかっています。オルタネーター到着までお車をお預かりしていたのですが、その間に地面に結構な量のオイルが漏れ出しています。確認するとオートマミッションのオイルパンからのATF漏れです。

 

漏れやすいオイルパンガスケットからだとばかり思っていましたが、洗浄後に確認するとオイルパン本体からじわじわと漏れ出していました。樹脂製のオイルパンのひび割れですね。オーナーに連絡しこのまま走行出来ないことは無いのですが、漏れ出してくるATF量が様子見出来るレベルでは無く、早い段階で走行不能になることが想定されるので、オイルパンとATF交換を追加で作業することになりました。

ATF交換の必要が無いとされているE65ですが、抜いたATFはこのような状態。良い状態とは決して言えませんね。

 

納車後は走行フィーリングに変化を感じられたようです。縦置きエンジン車両で運転席と助手席の間付近にオイルが垂れた跡があるような場合にはミッションからのオイル漏れが考えられますので、早めの点検と対策を行うことをお勧めします。

 


前の記事

ゴルフヴァリアント クーラント漏れ修理

2021-11-06

次の記事

メルセデスベンツ S124 4MATIC警告灯が消えない

2021-10-29

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ゴルフヴァリアント クーラント漏れ修理

次の記事 >

メルセデスベンツ S124 4MATIC警告灯が消えない

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔