メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


営業日カレンダー
2019/10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/11
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

BMW E38 750iL 異音点検

E38 750iLの異音点検です。 1997年モデルで走行距離はなんと約63,000km。

ロングボディーなのでリアドアが長い。 リアシートの足元のスペースがフロントシートを結構下げているのにこの広さ。 窮屈感は全くありません。

 

  

さすが上位グレードです。 ホイールベースが長いので取り回しは悪いのですが、この広さなら仕方がないですよね。 全高が最近の車と比べて低いので、見た目はそれほど大きさを感じないのですが、中に乗るとかなりの広さです。

 

V12 5400ccのM73エンジンは325ps 49.9kgmという強烈なエンジンなのですが、暴力的な加速をするわけではなく、かなりマイルドな印象を受けました。

 

 

異音はステアリングを切るとギギギという音がする状況ですが、毎回異音がするわけではなく特定の条件下でのみ発生するようです。 車輛を預かりテスト走行を行いましたが症状は再現されませんでした。

工場で再度テストを行うと、かすかに異音と思われる現象がハンドルに感じられました。

早速点検を行うと、ステアリング関係のセンターロッドのボールジョイント部分が原因で異音が発生していたようです。 加えてタイロッドエンド部にもガタ付きがあり、それも影響していたようです。

 

 

その他にリアからコトコト音がしていたので、そちらも点検するとリアのアッパーアームのボールジョイント部分にガタ付きがありました。

 

 

リアハブナックルボールジョイント部分には何故かシーリング剤のような物が散布されており、ボールジョイント部分を覆うように施工されていました。

ディーラーにてずっと整備を行ってきたようですが、ブーツ部分が破れたのをシーリング剤で補修していたようです。 ガタ付きはありませんが、ブーツ破れを隠しているようであまり良い感じがしませんね。

 

 

その他は特に大きな問題もなく非常に状態が良いですね。

今後どのように整備していくのかオーナーと相談していく予定です。

 


TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006 株式会社北翔