メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


営業日カレンダー
2019/09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2019/10
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メルセデスベンツ W124 E500 タペット音

エンジンから異音がしているE500。 当店へ到着した時には異音は消えていました。 異音がしている時の動画を撮影されていたので拝見すると、まさにタペット音。 ラッシュアジャスターが機能していない音です。 バルブリフターが不良だった場合には、結構大掛かりな作業となってしまいます。

 

 

静かになってしまったエンジンですが、聴診器でチェックすると助手席側のシリンダーヘッド後部から微妙にタペット音が聞こえます。 

 

 

 

助手席側タペットカバーを外して内部チェック。 オイル管理状態が良いので非常に綺麗なシリンダーヘッドです。 ラッシュアジャスターへのオイル供給パーツをチェックしていると、メクラ蓋が無くなっていました。 これでは油圧が発生しません。

 

 

後期型のM119は樹脂製を使用してるのですが、前期のM119はアルミ製。 樹脂製に変更した理由は様々あるようです。 純正のアルミ製はほぼ入手が不可能なので、オーナーと相談し手持ち在庫の前期モデルのM119から取り外したアルミ製で修理することになりました。 16個総取替です。

 

 

交換後の冷暖エンジン始動状態での異音は無し。 外れた蓋部分はかなり探したのですが見つけることが出来ませんでした。 おそらく粉々になってオイルエレメントに吸われてしまったのだと思います。 バルブリフター不調が原因なら少々厄介でしたが、オイル供給パーツ交換で済んだのが幸いでした。  M119型後期モデルではそこそこ起きるケースらしいので、タペット音がした場合にはこのパーツのメクラ蓋部分をチェックしてみましょう。

 


TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006 株式会社北翔