メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/07
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2020/08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ヴァナゴンT3 エンジンから異音 ウォーターポンプ交換

次の記事 >

メルセデスベンツ W210 E60 AMG 車検整備

ボルボV70 車検整備

ボルボV70の車検整備です。 

 

 

 

少し車を動かしただけなのですが、何やら嫌な感じです。 後ろ側から何とも言えない感触が伝わってきます。 点検すると右リアハブベアリングからかなりの音が発生していました。

 

 

右リアハブベアリングが原因ですが、左側も予防として同時に交換します。 このハブベアリングにはABSセンサー用の磁石が内蔵されているので、取り扱い注意です。

 

 

フューエルフィルターも錆で真っ赤です。 フューエルフィルターは目に見えない個所なので、定期交換を行うことをお勧めいたします。 フューエルポンプに負担が発生するだけではなく、最悪はエンジンが吹け上がらなくなります。

 

 

ATF、ラックエンド、エンジンエアーエレメント、エアコンフィルター、エンジンオイルを交換。

 

エアコンフィルターは車検ごとではなく、毎年交換されると車内が快適です。

 

かなり走行距離が伸びているボルボなので、サスペンションやマフラーなど部分的に錆が発生していますが、骨格であるボディーフレームは全く問題がありません。 整備していけばまだまだ乗り続けることが出来ます。 気に入った車を大事に長く乗ろうとすると、重量税や自動車税が増税されるという法律のおかげで負担が大きくなるというのは、如何なものなのでしょうかね。


前の記事

ヴァナゴンT3 エンジンから異音 ウォーターポンプ交換

2019-04-30

次の記事

メルセデスベンツ W210 E60 AMG 車検整備

2019-04-22

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ヴァナゴンT3 エンジンから異音 ウォーターポンプ交換

次の記事 >

メルセデスベンツ W210 E60 AMG 車検整備

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔