メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/10
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ヴァナゴンT3 ショックアブソーバー、オイルプレッシャースイッチ交換

次の記事 >

アウディA4アバント 8K サスペンションリフレッシュ

メルセデスベンツ S124 4MATIC ベルト鳴きとオイル漏れ修理

ベルト鳴きとオイル漏れ修理です。 ベルト鳴きはファンベルト、ベルトテンショナー交換。 ベルトの張り具合がベルトの伸びだけではないほど弛んでいました。

 

M103エンジンの独特なテンショナー。 テンショナー本体のブッシュのよじれと別に取り付けられるオイルショックを利用してテンションを発生させています。 取付方も独特ですね。

 

エンジンオイル漏れは消耗頻度の高いデスビ下のコの字パッキンとタペットパッキン交換

 

サンバイザーの取り付け部分が壊れてしまっているので、在庫車輛の物と組み替えて交換

 

洗車するとバックドアから水漏れがするとのことなのでストライカーにスペーサーを入れ、バックドア取り付けボルトを緩めて調整。 また漏れが発生するようなら、ウェザーストリップ交換ですね。

 

個体によってはもっと薄いスペーサーを何枚もいれることもあります。

 

フロントスタビライザーリンクブッシュのブーツが破れ始めていたので、応急処置でグリースを流し込みゴムシールで塞ぎました。 次回はリンクブッシュ交換が必要ですね。

 

 

 


前の記事

ヴァナゴンT3 ショックアブソーバー、オイルプレッシャースイッチ交換

2019-08-09

次の記事

アウディA4アバント 8K サスペンションリフレッシュ

2019-08-05

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ヴァナゴンT3 ショックアブソーバー、オイルプレッシャースイッチ交換

次の記事 >

アウディA4アバント 8K サスペンションリフレッシュ

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔