メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2021/09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

パサート 3C R36 車検整備

次の記事 >

ポロ 9N 車検整備

ゴルフ3 ミッション付近から異音

エンジン始動時にATミッション付近から異音が発生する。 ATミッション内部からの音のようにも聞こえるという症状のゴルフ3。 急遽レッカー搬送にて入庫しました。

 

エンジンを始動しようとキーを回すと確かに異音がします。 セルモーターのマグネットクラッチが不調で、リングギアと干渉していると思われる音です。 セルモーターを回しながらマグネットクラッチ部分に衝撃を加えるも変化なし。 セルモーターはエンジンとトランスミッション接合部に取り付けられているので、ミッション付近からの異音というのは間違いではありません。

 

セルモーターを外し単体テストでは元気よく動作しますが、シャフトにガタ付きが出ているのと負荷が発生した時にマグネットクラッチが負荷に負けてしまっている感じですね。 中古品もたまたま持ち合わせがあったのですが、新品に交換してくださいとの依頼があったので新品のセルに交換します。

 

ピニオン式のセルモーター。 昔は同じエンジンにピニオン式とリダクション式の両方が採用されていたことがあるので、トルクのあるリダクション式に交換して強化セルモーターにする。 という時代もありましたね。 バッテリーやセルモーターの性能が向上しガソリンエンジンが主流となっているので、リダクション式は最近見かける機会がめっきり減りました。

 

セルモーター交換後は異音も無くなり、エンジンもしっかりと始動。 新しいセルモーターのモーター音が気持ち良いです。


前の記事

パサート 3C R36 車検整備

2019-12-25

次の記事

ポロ 9N 車検整備

2019-12-21

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

パサート 3C R36 車検整備

次の記事 >

ポロ 9N 車検整備

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔