メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  プライバシーポリシー  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2022/12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2023/01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

ボルボ S80 連続でバッテリー上がり

バッテリーが上がりエンジンが始動出来なくなったので、バッテリーを充電後に再度エンジンを始動したが短時間でエンジンが停止してしまった。 再度バッテリーを充電したが、やはり短時間でエンジンが停止し警告灯が点灯してしまう症状のボルボが入庫。

 

点検すると、エンジン始動中の充電電圧が11.2Vほどしかありません。 バッテリー電圧のみでエンジンが始動している状態です。 オルタネーターを目視で確認すると、プーリーが回転していません。 エンジン側のプーリーも回転していませんが、シャフトは回転しているのが見受けられました。 プーリーが何故か空回りしているようです。

 

このボルボは直列6気筒エンジンを横向きにマウントしているために、スペースの都合上カムシャフトチェーンや補器類がミッション側に全て集約されています。 オルタネーターはベルトを介して回転させているのですが、タイミングベルトと同じ構造のベルトでカムスプロケットのようなプーリーがオルタネーターとエンジン側に取り付けられており、向かい合ったプーリーを1本のベルトで接続し回転力を伝達する方式です。

 

空回りの原因を探るべくオルタネーターを取り外すと、エンジン側のプーリーボルトが緩んでいました。 オルタネーター側のプーリーはワンウェイクラッチ方式になっています。 クラッチは錆びにより固着してしまい、クラッチの役割をほぼ果たしていない状態。 アクセルOFF時にエンジン回転は下がろうとしますが、クラッチ機構が損なわれている大出力のオルタネーターの大きな慣性モーメントが抵抗になり、エンジン側のプーリーボルトが緩んでしまったのだと思われます。

 

オルタネーターのワンウェイクラッチプーリーを交換。 SST必須です。

 

バキュームポンプからエンジンオイル漏れも発生していたので、シールも同時に交換。

 

交換後は充電電圧も正常になり、しっかりとオルタネーターが発電するようになりました。 オルタネーター本体に問題が発生していなかったことと、エンジン側プーリーのボルトのねじ山が壊れていなかったのが幸いでした。 ねじ山が壊れてしまっていた場合には、かなり厄介なことになるところでした。

 


[PR]

[PR]

TECH+の北翔からお知らせ

ガラスコーティング承ります

詳しくはこちら >>

[PR]

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2021 株式会社北翔