メニュー
HOME 輸入車パーツ販売自動車中古パーツ販売クルマ買取り 整備/レストア ガラスコーティング メンテナンス辞典 ほくしょうの知恵袋 テスターKAYOブログ 社長の日常 マイレブログ 会社概要 アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2021/06
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2021/07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

ボルボS80 ラジエーターからクーラント漏れ

次の記事 >

ゴルフ6 エアコンコンプレッサー交換

アウディA4 B8系 エンジンオイル異常消費

エンジンオイルを異常に消費するアウディA4 8K、約500km走行で1L以上の消費量。 原因はピストンリングとピストンに問題があり、オイルが燃焼されてしまうという状況です。

 

通常は対策品であるピストンと23mmになったピストンピンに対応するコンロッドが必要なのですが、オーナーが元々のサイズの21mmのピストンピンに対応したピストンを持ち込まれたので、こちらを使用して修理することになりました。

 

エンジンオイルを常時継ぎ足しながら走行していたこともあり、ヘッド内部は綺麗です。

 

問題のピストン オイル穴とリング形状、ピストン形状が若干違います。

 

バルブにはカーボンとオイルが燃焼されて発生した生成物ががっちりと固着。削り取ります。

 

組付け。 カムシャフトにアジャスト機構があるのでSST必須です。 エンジンマウント、ウォーターポンプ、オイルシール関係も同時に交換しています。

 

最終点検とクランキングをしっかりと行いエンジンに火入れ。 問題有りません。

その後はしばらく試運転を行い、エンジンオイル消費の確認とその他点検を行い納車となります。

 

 

一部年式の車輛で発生しているこの問題。 エンジン内部に影響がなければ今回の内容の整備で済みますが、内部確認を行う為にはエンジンを分解する必要があり、実際には開けてみなければわからないという非常にやっかいな問題です。 オイル消費している状態であってもしっかりとオイル管理をされている場合には大抵は問題が無いと思いますが、あまり管理されていない状態となると最悪はエンジン交換が必要になる場合も考えられますので注意が必要ですね。


前の記事

ボルボS80 ラジエーターからクーラント漏れ

2020-08-17

次の記事

ゴルフ6 エアコンコンプレッサー交換

2020-08-11

おすすめ記事:
関連カテゴリ:

内容から > オーバーホール

内容から > エンジン不調

内容から > 異臭がする

内容から > 警告灯がついている

内容から > 消耗品交換

内容から > 対策

内容から > 点検

内容から > 予防整備

車から > アウディ > A4

部品から > エンジン・動力 > ウォーターポンプ

部品から > エンジン・動力 > エンジンオイル

部品から > エンジン・動力 > エンジンオイルエレメント

部品から > エンジン・動力 > エンジンマウント

部品から > エンジン・動力 > オイルセパレーター

部品から > エンジン・動力 > オイルパンパッキン

部品から > エンジン・動力 > カムシャフトシール

部品から > エンジン・動力 > クーラント/冷却水

部品から > エンジン・動力 > クランクシール

部品から > エンジン・動力 > シリンダーブロック

部品から > エンジン・動力 > シリンダーヘッド

部品から > エンジン・動力 > スパークプラグ

部品から > エンジン・動力 > タペットカバーパッキン

部品から > エンジン・動力 > ピストン

部品から > エンジン・動力 > ピストンリング

部品から > エンジン・動力 > ピストンピン

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

ボルボS80 ラジエーターからクーラント漏れ

次の記事 >

ゴルフ6 エアコンコンプレッサー交換

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔