メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  ガラスコーティング  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ● 従業員規則・規定 ●


営業日カレンダー
2020/10
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

< 前の記事

BMW E90 DSC プレッシャーセンサー故障

次の記事 >

メルセデスベンツ W124 4MAITC ミッションの変速点が高い

ボルボXC90 フロントショックアブソーバー、ロアアームブッシュ交換

オイル漏れ等は在りませんが、走行距離も伸びてきているのでそろそろ交換したいということで入庫しました。

 

今回はショックアブソーバーの他に、切れ始めているロアアームブッシュも同時に交換します。

 

ショックアブソーバー交換時にはストラットマウントとスプリングシートを同時交換するのが理想なのですが、今回は続投します。

 

ATFも汚れの状態を確認し交換の判断をして下さいとのことでしたので、交換を実施しました。

 

ATF交換は多少ギクシャクしていた変速がスムーズになり、ショック・ブッシュ交換は当たりが柔らかくなったとのことでした。 ショックアブソーバーは車種により味付けが異なるため、オイル漏れが発生していない状況だと何時ごろ交換が必要なのかの判断がなかなか難しいです。 車高が高めの車輛はストローク量が多いので、一般的な車両に比べて車体の動きが大きくなり不安定になりやすい傾向にあります。 ショックアブソーバーがしっかりと機能していなければ、揺り返しなどにより必要以上のステア修正・アクセル調整が必要になってしまいます。 走行距離が伸びてきている方は、ショックアブソーバー交換により安定性が向上することが見込まれますので、一度検討してみては如何でしょうか。

  


前の記事

BMW E90 DSC プレッシャーセンサー故障

2020-10-17

次の記事

メルセデスベンツ W124 4MAITC ミッションの変速点が高い

2020-10-12

TECH+メンテナンスレポートとは?

本コンテンツは、北海道江別市の輸入車専門認証整備工場テックプラスが公開する自動車整備レポートです。
輸入車を愛するお客様に「長く、安く、安全に、快適に」お車とお付き合い頂いて欲しいという当社の理念のもと、「メンテナンスレポート」としてどなたでもお読み頂ける内容をお届けしています。
本コンテンツの内容は全て当社にて整備や修理、点検を行ったものです。

愛車についてお困りのことはございませんか?
最近気になるお車のちょっとした症状や、走れなくなってしまったというご相談など、
なんでもお問合せください。
また、車検のご相談も承っております。

メンテナンスレポート一覧はこちら

< 前の記事

BMW E90 DSC プレッシャーセンサー故障

次の記事 >

メルセデスベンツ W124 4MAITC ミッションの変速点が高い

輸入車専門 認証工場 テックプラス

会社名:株式会社 北翔

所在地:北海道江別市江別太305-15

札幌からは、道央自動車を江別東インターで出ると約5分です。

お問合せ:お問合せフォーム

copyright(c)2006-2020 株式会社北翔