メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年11月23日(金曜日)

けん引フックの取付位置

カテゴリー:  | 23時46分27秒

雪がチラつきはじめ、とうとう冬が到来です。
北海道にお住まいの皆さまは
スタッドレスタイヤ、スノーブレードへの交換など車の冬支度は万全でしょうか?
しかし時折、大雪が降った場合などは先に挙げた冬支度をしていたとしても、
車輌がスタックしてしまうことなどもあることでしょう。

そこで、本題です。
車のフロントバンパーやリアバンパーに「丸」や「四角」のふたが付いているのを注視したことはありますか?
あたかも車のデザインや飾りにも見えなくもないこれ。

これはけん引フックを付ける場所で、カバーを外して使用します。

カバーを外した状態と車載のフックです。

けん引するときには、車のどこかにロープやワイヤーを引っ掛けることになりますが、正しい場所に引っ掛けないと変形や破損の可能性があります。
また、適切な場所でけん引しなければ、さらに車が傾いてしまったり、うまく引き上げられないということが発生する可能性があるので、車を引き上げやすいバンパーに、フックの取付位置が装備されているのです。


普段はあまり使用することがないけん引フックですが、万が一の時に備えてご自身のお車のどこに取付位置があるのか確認しておきましょう。
また、取り外しにはドライバーなどが必要な車輌もありますので、フタを取り外す際に傷がつかないよう十二分に注意し、作業を行いましょう。

大西


2018年11月17日(土曜日)

ヒーターバルブの故障原因

カテゴリー:  | 10時16分15秒

 

このパーツが動作不良になると室内の温度調節が上手く出来なくなります。

例えば、運転席側は温風なのに助手席側は冷風になってしまうなどです。

このような症状の時、エアコンスイッチパネル、配線などに問題が無ければ

ヒーターバルブが故障原因の一つに挙げられるでしょう。

とくに、冷却水の熱やクーラントの劣化が原因と思われる損傷が内部の

ゴムパーツに多く見られます。

この損傷具合によって、バルブの動きを鈍くさせたり、

 
 

画像の様に詰まらせたり、場合によってはゴムパッキンから冷却水が

漏れ出し、コイルがショートしてしまいます。

この様な症状になるとヒーターの温度調整が正常に出来なくなってしまいます。

冬本番を迎える前に一度、点検されてみてはいかがでしょうか?

高橋


2018年11月12日(月曜日)

雪に埋もれる前にご依頼ください!

カテゴリー:  | 17時56分54秒

とうとう北海道にもまた雪の季節がやってきます!
二十数年ぶりに初雪が遅いようですが、今週くらいには初雪が降るのではないでしょうか?

そこで家の前や月極駐車場などに車を置いたままにしている方はいませんか?
雪に埋もれてしまうと億劫になるばかりか廃車引取時の作業が長引いて寒い中
立ち合いなんてことも・・・。

車検残ってるけどもう乗らないかな〜でも切れるまで置いておこうかな〜と思っている方は
勿体ないですよ!
車検が1か月以上残っている場合は自動車重量税と自賠責保険、自動車税が戻ってきます!
全部を合わせると意外にいい金額になることも・・・
ただ放置しておいておくには勿体なさすぎますね!

また、車検が切れていても月極駐車場などは無駄な料金が発生しますし、家だと除雪の邪魔に
なったり家族の車が停められなくなったりとこの時期はほんと厄介物になったしまいます。

当店ではリサイクル料が預託されていれば、どんなお車も買取しております!
是非当店へご依頼ください!

お待ちしております!
 


2018年11月7日(水曜日)

ボルトや鉄を温めるインダクター

カテゴリー:  | 18時32分04秒

錆などや固く締め付けられ固着したボルトやナットを緩めるのには
衝撃を加えたり、熱を掛けて緩めることが多いでしょう。

ですが、熱を加えるのにバーナーなど、火炎を使いたくても使えない場所もあります。
燃料タンクの側だったり、熱を加える側にゴム製品があったりなど・・・

最初の写真はハブナックルにボールジョイントがねじ込みで取り付けられていて 
非常に硬くしまっていました。


そのまま、緩めようにも緩まずインダクターで熱を加えると緩めることが出来ました。

次の写真は、錆びによる固着で、そのまま緩めようとしたら確実に
ボルトが折れてしまうぐらいです。


しかし、すぐ上にはボールジョイントのブーツがあるためバーナーを使えず
様子を見ながらインダクターで熱を加えて
少しずつボルトを回して抜くことができました。


2018年11月5日(月曜日)

ブレーキランプの交換

カテゴリー:  | 08時23分54秒

会社の人からカプチーノのブレーキランプが片方切れてない?と助言が・・・
今年LEDのブレーキランプに変えたから違うだろうと思ってたら・・・


左側が切れていました。

テールランプ自体、ビス2本外して上にずらせばすぐ外れます。
上の画像は右側のテールランプを外して電球を交換した画像です。
当然左側も交換しました。


直りました。
ブレーキランプは意外と気付かなかったりします。

しかし、ブレーキランプの電球切れの場合は反則行為「整備不良 尾灯」にあたり、「整備不良 制動灯」は交通違反点数1点に加え、車種によって反則金が科されます。

交換自体は車種によっては簡単ですので自分で交換できると思います。

小山


37 queries. 0.050 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔