メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年5月31日(火曜日)

メルセデスベンツW220のオルタネーター

ロック気味のW220の水冷オルタネーターを分解してみました。

プーリーは右に半回転、左に4/1回転しかしません。

焼き付きではなさそうですが、内部が気になります。

スペースのないエンジンルームですので、オルタネーターを取り外すには

冷却水を抜き、電動ファン取り外し、ファンベルト取り外し、リザーブタンク・ウォッ

シャータンク取り外しエアポンプ取り外し、オルタネーター取り外し

色々と外す必要があります。

取り外したオルタネーター。 巨大で結構な重量があります。

後ろ側は炊飯器の窯みたいですね。

分解すると内部はブラシレス構造。 ブラシの摩耗ということが発生しません。

ローターシャフトを取り外し、内部を確認すると後ろ側のベアリングがガタついています。

ガタつきはベアリング本体ではなく、ベアリングの周りに取り付けられる樹脂製のカラー

が硬化粉砕し、ローターシャフトがオルタネーター本体と干渉していた様子です。

摩耗粉が大量に発生しており、本体もかなり削られていました。

ここまで削れてしまうと一式交換しなければなりません。

オルタネーター本体の発熱とエンジン本体の発熱量が大きいので

冷却水の管理はしっかりと行う必要がありますね。

 




コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.039 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔