メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年8月12日(金曜日)

バッテリーの寿命について

カテゴリー:  | 16時42分13秒

・バッテリーの寿命はおよそ2年〜5年と言われています
ただし、クルマの使い方によって、大きく左右されます。
あまり乗らない車や、夜間走行が多い車、近場のお買い物使用に限られる「ちょい乗り」中心の場合は、極端に寿命が短くなり、バッテリーの交換時期が早まる場合があるので注意が必要です。
バッテリーの寿命が近づくとおもに以下の症状が現れたりします。

・キーを回したときのキュルキュルというセルモーターの回転音が鈍くなってきた。

・パワーウィンドウの動きが遅い。                ・ヘッドライトが暗い。

・バッテリー本体が膨らんでいる。                ・バッテリー液が減りやすい。

・バッテリーの天板にバッテリー液が漏れている。

・画像1のようにバッテリーの赤い○の中(プラス端子周辺)に白い粉がついている。

画像2  インジケータ(水色の○の中)付きのバッテリー

画像2のようにインジケータが付いていて、一目でわかるものもあります。
長期間車を放置していても、車はECU(エンジンコンピュータ)、カーナビ、時計等のバックアップ電源としてバッテリーの電気を常時消費しています。
この消費している電気を暗電流(通常20〜50mA程度)といい、この状態が長ければいずれはバッテリーに蓄えられた電気は底を尽きバッテリー上がりを招き、寿命を早くしてしまいます。
バッテリーそのものの寿命ではなくバッテリー上がりのタイミングでバッテリーを交換される方が多いのが現状で、上記の症状が出てきたら、寿命を迎える前に早めの点検、交換をお勧めいたします。

小山


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.028 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔