メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/08
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2019/09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年10月13日(木曜日)

W124 S124 M103エンジンのオイル漏れ

M103エンジンでここからオイル漏れを起こしていないエンジンは優秀です。
 
必ずオイル漏れを起こしてしまうシールリング。 通称コの字パッキン。 
 
消耗品として必ず交換が必要になってきます。
タペットカバーを取り外すので、タペットパッキンも同時に交換すると良いですね。
 
ディストリビューターを取り外すと見えてきましたコの字パッキン。
 
液体パッキンを散布した跡が有り、以前交換した形跡があります。
この液体パッキンを綺麗に除去する作業に意外と時間が掛かります。
 
この除去作業をしっかりと行わなければ、またすぐにオイル漏れが始まってしまう
 
可能性が非常に高いです。

新しいパッキンを取り付けて、液体シールをしっかり散布し作業終了。
 
走行距離が多い方は、交換頻度が高くなるパーツです。 漏れが酷くなると
 
オイルパン付近までオイルが滴り、エンジンオイルが減少するので気を付けましょう。
 

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.024 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔