メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年11月15日(火曜日)

アウディ 8Dのフロントアッパーアーム

アウディのフロントの足回りはマルチリンク式でアッパーアームが2本、

ロアアームが2本。 豪華な足回りです。 左フロントアッパーアームの後側の

ボールジョイントにガタ付きがあり、異音・振動の原因になっていたので交換します。
 

アウディのフロントの足回りは、この部分にガタ付きが発生するケースが多いですね。
 
この型のアウディですが、アッパーアームボールジョイント取り付けボルトがスムーズに

抜けた記憶がありません。 

錆と固着で潤滑浸透剤も効果を発揮しないので、熱と振動を加えて
取り外します。 

熱を加えるといっても火を使うわけではありません。 

何度も紹介しましたが渦電流のインダクター。 かなり使い倒して見た目は大分傷んで

いますが、まだまだ使えます。

ボルトとの格闘後、やっと外れました。 必死だったので作業最中の写真撮影は
 
すっかり忘れています。 

新しいアッパーアームをサクッとアームを取り付け1G締め付けを行い作業終了。
 

ボールジョイントやブッシュ劣化によるガタ付きや振動は、走行中に不快感が
 
あるだけではなく、サスペンションのジオメトリー変化率が大きくなり挙動が不安定に
 
なります。 コーナリング中にブレーキを踏まなければならない状態になった場合、
 
車体は不安定になります。 追い打ちをかけるようにブッシュ、ボールジョイントの切れ

劣化により想定外の動きが発生。 結果”怖い”と感じることになってしまいます。
 

問題のない他のサスペンションパーツにも余計な負担が発生してしまうので
 
おかしいと感じた場合は相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちら
 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.050 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔