メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年12月1日(木曜日)

BMW X3 エクスパッションタンク(ラジエーターサブタンク)交換

カテゴリー:  | 17時10分36秒


エンジン冷却水の警告灯が点灯、とのことで
エクスパッションタンクのクーラント量を点検すると、減っていました。
 
タンクにラジエーターテスターを装着し圧力を掛けると
下側から「ぽたぽた・・・」とクーラント漏れを確認

詳しく、漏れてる箇所を確認するため、エアクリーナーケースAssyを外すと

エクスパッションタンクの横に亀裂が入り、そこから漏れ出していました。

 
先人のブログなどを見てみると、タンク交換時には下部に挿入されている
サーモスタットも高確率で損傷しているとのことで
一緒に部品を用意しました。
 
交換には、エアクリーナーケースAssyと吸入ダクト、アンダーカバーを外し
ラジエーターホース類を外し、タンク本体を上に抜くと、外れてきました。
 
 
すると、ブログにも書いてあったように、サーモスタットが見事に損傷して
プラスチックのケースが割れていました。
 
 
タンクの亀裂は10Cmほど、縦に割れていました。
 
 
新品パーツを取り付ける前に、壊れたサーモスタットをさらにバラバラにならないように
慎重に抜き取り、破片が残っていないか確認後、交換しました。
 
 
外したホース類を戻して、クーラントを入れ、エア抜きを行った後
再度、ラジエーターテスターで圧力を掛けて
漏れが無いことを確認して、作業の終了です。
 
 
大浦

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.047 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔