メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2017年 12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2017/12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2018/01
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2016年12月19日(月曜日)

ベンツ W211 ウインカーが戻らない

ウインカーが戻らない現象が発生しているW211。
 
ウインカーを出した後、手動でウインカーレバーを元に戻さなければなりません。
 
まるでバイクのようです。
 
原因はウィンカーレバーを戻すためのツメが折れていることによるものです。


 

このツメがエアバックのスパイラルケーブルを納めているケースと一体型でケース一式の

交換になります。 交換には運転席のエアバックを取り外す必要があるので脱着の

際には、必ずバッテリーターミナルを外し放電を行います。
 

車種によっては放電に30分程必要な車種もあるようです。
 
取り付け位置を確認し交換。 診断機での確認と動作確認を行い作業終了。


 

曲がるたびに手動でウインカーを戻す必要がなくなりました。
 
スパイライルケーブルは、長いケーブルがケース内に渦巻き状に収められており、
 
ゼンマイと同じ仕組みなので、回転に対してある程度の許容があります。 


 

エアバックを確実に作動させるためにレコードのような接点タイプではなく、
 
直接ハーネスが接続されている状態が必要なので、このような仕組みを採用しています。
 
取り付け位置を間違うと、ハンドルを切った時にハーネスが引っ張られて断線して

しまうので注意が必要です。 


 

右に2回転、左に2回転半でロックtoロックしているような、ハンドルのセンターが
 
ずれている場合にも、徐々にスパイラルケーブルに無理が掛かり断線してしまうことが
 
ありますので気を付けましょう。
 

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.115 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔