メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年2月22日(水曜日)

S124 ベンツ エンジンがかからない

バッテリーが上がったかもしれないとの連絡。 その他にも依頼されている整備が
 
ありましたので車輛を引取りに伺いました。 
 
事前に故障原因を想定して必要な工具等を積み込み出発。 交通量の多い場所ですので、
 
手短に現地にて点検。 メイン電源は入るがセルモーターが回らない。
 
カチッというマグネットスイッチの音もしない。 燃料ポンプの音は聞こえる。
 
キーオンにした時の雰囲気がバッテリー上がりの感じではないので
 
OVPリレー、マグネットスイッチ、IGスイッチ、インヒビタースイッチ、ハーネスの
 
接触不良などでしょうか。 予備バッテリーを接続してもやはり症状は変わらない。
 
シフトレバーをパーキングから若干ずらしてキーを捻る。 かからない。
 
シフトをニュートラルポジションにしてキーを捻る。 一発始動!! 
 
なるほど。
 
とにかくエンジンが始動出来てよかった。 会社に戻り早速不具合個所を交換。


 

パーキングポジションでもエンジンが始動出来るようになりました。
 
バッテリーを点検すると、CCA値かかなり低めなのでこちらも交換。
 
全て無事に正常に戻りました。 すでにお気づきの方も多いと思いますが、原因は
 
インヒビタースイッチ。 一般的にシフトレバーと連動して動き、シフトがどの
 
ポジションに入っているのかを検知している部品です。
 
(シフトポジションセンサー、ニュートラルスイッチ、パーキングスイッチなどと表現
されることもあります)
 
Pレンジ、Nレンジ以外でセルモーターが回らないのはこのスイッチがセルモーターへの
 
電源をカットさせるようにしているためです。
 
構造は非常に単純で端子同士が接点することによるON/OFF動作ですので、接触不良が
 
発生すると正常に動作しなくなります。 年式が古くなってきた個体は注意が必要です

ね。
 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.029 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔