メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年3月15日(水曜日)

リアハブベアリングからの異音

カテゴリー:  | 10時52分27秒
後ろから異様な音が発生していて、乗っていて危険を感じるという状況で入庫。

リアハブベアリングのガタ付きにより異音が発生しています。
 

大抵の場合ベアリングに問題が発生すると、人により表現が変わるのですが
 
ゴーゴー、ガーガー、ウォーン、ゴトゴトといった音や振動が発生します。
 
今回はキュキュといったタイヤが擦れたような音が発生していました。
 
ベアリング不良ではあまり聞かない音です。


 

初期段階だと音も小さく気が付きにくいのですが、症状が悪化してくると
 
運転中にすぐに気が付くほどの振動や音が発生します。
 
ここからさらに悪化するとゴトゴトといった音が発生し、最終的に破断・粉砕という
 
危険な状態になります。 最悪の場合は走行中にタイヤがハブごと外れるという
 
事態にもなりかねません。
 
今回のケースはハブベアリングがかなり傷んだ状態の車輛でベアリングのガタ付きにより
 
タイヤの回転を検知させるリング部分とセンサー部分が干渉し、摩耗するはずがない
 
センサーが摩耗。 ABS用の車速を検知させるリングもアクスルホーシングと干渉して
 
摩耗しているという状態でした。


 

早い段階ならばベアリングのみの交換で済んだのですが、今回はABSセンサーや
 
ABSリング(リテーナー)も交換しなければならないことになりました。
 
このままさらに走り続けていた場合、リジットアクスルホーシング一式交換になって
 
しまったかもしれません。


 

ベアリングの不具合はほとんどのケースで音が発生します。 音が発生しても突然
 
壊れてしまうということが少なく徐々に傷みが進行していきます。
 
走行中にロードノイズや風切り音、ヒーター音、オーディオの音がしているにも
 
関わらずハブベアリングからの音が聞こえてくるということは、実際には結構な振動音が
 
発生しています。 故障が拡大してしまう前に、早めに点検整備を行いましょう。
 

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.023 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔