メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年3月24日(金曜日)

クラッチディスク・カバー交換

カテゴリー:  | 08時15分02秒
マニュアル車輛でアクセルを踏むとエンジン回転が上昇してしまう
 
という症状が発生している車輛。 間違いなくクラッチが滑っていますね。
 
入庫時にはクラッチを踏まなくてもシフトを入れることが出来る状態。
 
走行距離は5万km弱なので、クラッチが滑るには早い気がしますが乗り方によっては
 
もっと早い段階でクラッチをダメにしてしまう方もいらっしゃいます。
 
クラッチが滑ってしまう原因として半クラッチの多用とクラッチペダルに足を置いたまま

運転する癖がついてる方、積載が常に多い方などがあります。
 

半クラッチを最小限にし、エンジンブレーキも車速とエンジン回転、現在のシフト位置
 
を考えたシフトダウンを行えば、10万km以上クラッチを滑らすことなく使用することが
 
可能です。 AT車輛と比べると運転が難しく色々と操作しなければならないので
 
煩わしいのですが、これがマニュアルミッション車輛の醍醐味なので運転は間違いなく
 
楽しい。 自在に操っている感じが最高です。
 
トランスミッションを下し、クラッチを確認します。 セルモーターが摩耗粉で真っ黒。
 
クラッチディスクはかなり摩耗し炭化しています。 リベットが露出してしまっており
 
リベットも摩耗しています。 

新品と比べると摩耗度合がすごいですね。



 

クラッチカバーは傷だらけで、リベットと接触していたことが見受けられます。 
 
これはもう使えませんね。 フライホイールにも傷がありましたが、軽い研磨で再利用
 
可能。 フライホイールの強度はすごいですね。




 

久しぶりにボロボロになったクラッチディスクを見ました。 使い切ったというより

使ってはいけない部分まで摩耗しています。 
 

真っ黒なセルモーターやトランスミッションケース内部を洗浄し組みつけ。
 
クラッチの踏みしろを調整し試運転を行い作業終了。 

エンジン回転も上昇せずにスムーズな走行が可能になりました。 良い感じです。

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.037 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔