メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年4月21日(金曜日)

メルセデスベンツ R107 M110 のウォータポンプ交換

R107のウォーターポンプを交換しました。
 
車齢は30年越えの1985年モデル。 なかなかお目にかかれない車輛です。
 
巨大なツインカムヘッドが時代を感じます。 同年代の国産の5M、6Mエンジンも
 
強烈な大きさのヘッドでしたよね。 

 
早速分解。 Vベルト駆動のタイミングチェーン仕様。 ウォーターポンプも
 
かなり強そうで掘削機の刃のようです。 サーモスタットとオイル漏れが発生していた
 
クランクシールも同時に取替。  クランクプーリーボルトを取り外すのに、かなりの
 
テンションが必要でした。






 

クランクシールからは、かなり前からオイル漏れが発生していた形跡があり大分汚れて

います。

綺麗に洗浄し、シール組みつけ。 冷却水も全て交換し、エア抜きを行い作業終了。

 

冷却水の交換はエンジンオイルと違い交換する頻度も少なく意外と忘れがちですが、

確実に劣化します。 冷却水が劣化すると、オーバーヒートやラジエーターの
 

目詰まりが発生しやすくなるだけではなく、泡立ちや錆の発生も増加します。
 
今回のような冷却水を抜く作業が必要になる場合には、是非とも全量交換することを
 
お勧め致します。

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.023 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔