メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年6月9日(金曜日)

ジャガー XJSのロアアームブッシュ交換

カテゴリー:  | 18時06分03秒
ジャガーXJSのロアアームブッシュを交換しました。
 
分解図を見ると、ロアアームは長〜〜いボルトがメンバーを貫通しており
 
このボルトを抜き取る必要があります。 非常に嫌な予感がします。


 

まずはスプリングの取り外し。 特殊な形状なので急遽SSTを作成。
 
木材を斜めにカットしブラケットとして使用しました。 


 

本題はここからです。想像通りボルトは抜けてきません。 
 
両方にねじ山を切ってあるロングボルトなのでへたに力を加えるわけにもいかず、
 
色々と思い当たる方法は全て試しましたが抜くことが出来ませんでした。 



 

ロングボルトが激しく固着すると潤滑浸透剤や熱、急速冷却、衝撃も全く役に立ちません。
 
ナットを溶接したり大きな衝撃を与えたりしながらボルトを壊す勢いで抜き取れば

 
おそらく取り外せると思います。 海外のサイトでもボルトが抜けずにボルトを
 
壊して取り外し新しいボルトを発注したといった内容の書き込みが多数見受けられまし

た。 なんとかボルトを壊さずにどうにかならないかと色々と考え、ブッシュの形状

などから、このままロアアームを取り外さずに脱着・圧入出来そうなので早速実行。
 

ブッシュのカラーがボルトに固着しており難儀しましたが、手持ちの工具やSSTを
 
フル活用し無事に交換終了。



 

最悪ロアアーム脱着にエンジンメンバーを下すことも考えましたが、ブッシュが
 
この形状で助かりました。

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.026 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔