メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年6月22日(木曜日)

整備後にブレーキペダルが沈む現象が発生

カテゴリー:  | 10時59分40秒
整備前には問題なかったブレーキですが、整備後にブレーキペダルが沈み込んでしまうと

いう現象が発生しました。 整備内容はストラットアッパーブッシュ交換で、

ストラットを取り外すためにブレーキキャリパーを取り外す作業が必要な車輛でした。
 

ブレーキ廻りは基本的にキャリパーの脱着のみです。 ブレーキホースの取り外しは行っ

ておりません。
 

全ての作業後にブレーキペダルがフロア近くまで沈み込み、そこで制動力がやっと発生

する状態。 エアを噛みこんでいる状態とは違い、奥までペダルを踏み込むとしっかり

とブレーキが効きます。 原因を探るために、念のためにエア抜きを行いましたが変化

なし。 次にブレーキパッドを取り外すと片摩耗が発生しています。 

前後方向に片摩耗するのではなく上下方向の片摩耗です。 これはおかしい。


 

そういえばキャリパーを取り外す際に固定しているパーツの取り付けが間違った取り付け

方をされていたのを思い出しました。 組み付けの際にはそれを正常な状態に戻したの

です。 

早速間違った取り付け方で再度組み付けすると、正常なペダルタッチに戻りまし

た。 ブレーキパッドが変摩耗している状態でアタリが出ていたので、それを正常に
 

戻すとアタリが変わりブレーキペダルが奥まで沈み込んでしまうという結果です。
 
もし正常な組み付け方法を知らなかった場合には間違ったまま再度組み付け作業を
 
行い、パッドが片摩耗を起こしたことに気が付か無かったでしょう。
 
今回のような単純箇所とパーツでもそのようなことが起きてしまうということを
 
想定し作業することを心がけるように気を付けようと思います。 今回は勉強になりまし

た。  
 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.037 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔