最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2017年 8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2017/08
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017/09
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年7月7日(金曜日)

寒冷地仕様とは

カテゴリー:  | 14時50分58秒

寒冷地での使用を考慮した装備をしている車に設定されています。
寒冷地仕様でない車との違いは,

  • バッテリーの大容量化
  • オルタネーターの大容量化
  • セルモーターの強化
  • ワイパーモーターの強化
  • リアデフォッガーの強化
  • 寒冷地用クーラントの使用
  • スノーワイパーブレードの装備
  • リアワイパーの装備
  • 暖房の強化(後席用ヒーターダクト、またはリアヒーターの追加等)

他にも「ミラーヒーター」「リアフォグランプ」「ワイパーデアイサー(ガラスに凍結したワイパーを融解するための熱線)」「LSD(リミテッド・スリップ・デフ)」「シートヒーター」が標準装備またはオプションでつけることも可能です。

車のカタログには本体価格と北海道地区の価格で分かれています。
新車で買うとき寒冷地仕様の装備のため、若干値段が上がります。

もし、中古車で車を買おうとするならば、本州からの寒冷地仕様でない車もたくさん出回っています。
もし北海道などで寒冷地仕様でない車の場合は寒冷地に備えてメンテナンスする必要があります。

 
ワイパーデアイサー

俵谷


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.020 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔