メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2017年 12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2017/12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2018/01
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2017年10月12日(木曜日)

スタッドレスタイヤについて、プラットホームとは?

カテゴリー:  | 11時46分56秒

10月に入り気温が低く寒くなってきました。
北海道はもう冬に近づいてきています。

もうすぐスタッドレスタイヤに交換する時期になります。
今まで使っているスタッドレスタイヤは今年も使うことができるか、
スタッドレスタイヤの状態を確認し、スタッドレスとしての性能があるか
見極めることが重要となります。

サマータイヤにはスリップサインの目印があります。
スタッドレスにもあります。

スリップサインとは、法律で定められたタイヤの使用限度を示すサインです。
スリップサインの出たタイヤ(タイヤの溝が1.6mm以下)になるとグリップ力の低下、雨の走行でスリップする原因になります。
溝が1.6mm以下のタイヤを使用するのは法律で禁止されています。
   

タイヤ交換する前に必ず確認しましょう。

スタッドレスタイヤはもうひとつプラットホームというものがあります。
冬タイヤとしての使用限度を示すサインです、 
   
スタッドレスタイヤは、溝が新品時から50%以下になると冬タイヤとして使用できません。
氷上でのブレーキ性能の悪化、走行でスリップの可能性が高まります。

スリップサインだけを見ていても、プラットホームサインが出てしまっては
冬タイヤとしての性能がなくなっているというわけです。


溝が無くなっている(プラットホームが出ている)タイヤの使用はスリップ事故の原因となり、非常に危険ですので
早めの交換をお勧めします。

プラットホームのサインは出てるけど、スリップサインはまだ大丈夫
このまま履き潰そうという人もおられると思います。
春、夏の期間でスタッドレスタイヤの使用はデメリットが大きいです。

・夏タイヤよりカーブ・ブレーキのグリップ力が落ちる。
・やわらかいゴム質なので、走行中の熱で摩耗が早い。
・高速走行時の安定感が落ちる。
・ゴムが柔らかいため、乗り心地がふわふわした感じになる。(カーブなどは、ぐにゃという感じ)
・静粛性能が良くないので、ノイズが大きくなる。

スタッドレスタイヤを使用している期間でも、プラットホームの確認
タイヤ空気圧の確認は定期的に行うようにしましょう。

俵谷

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.034 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔