メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2018年 5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2018/05
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018/06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年3月13日(火曜日)

ラジエーターホースの劣化

カテゴリー:  | 17時59分03秒
ラジエーターホースとは、エンジンで温められた冷却水(クーラント)を
ラジエーターに流すためのホースで、温められたり、冷やされたり、又クーラントの膨張により
圧力がかかる、過酷な部品です。
 
 
ラジエーターホースはゴム製品で作られていますので
車歴が、古くなるとゴムが柔らかく劣化してしまいます。
 
そのまま劣化が進むと、ホースに穴が開いたり、裂けてしまうこともあります。
下の写真は、同じサイズの部品ですがここまで膨張していました。

 
見分け方としては、ホースバンドのすぐ横あたりが膨らむ傾向があるので
車歴が古いお車を乗っている方は、一度点検してみてはいかがでしょうか。


 
冷却水が漏れてしまうと、エンジンにダメージを与えることになってしまいます。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.024 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔