メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記


カレンダー
2018年 5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧

ご注文やお問合せの際は、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

営業日カレンダー
2018/05
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018/06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年4月24日(火曜日)

ステアリングギアボックスの故障原因 油圧式

カテゴリー:  | 14時36分58秒
パワーステアリングの故障原因 油圧式
 
パワーステアリング機構も油圧式から現在は電動式に
 
移り変わってきました。
 
車重のある車両は電動油圧式パワステと言う電動の良さと油圧の
 
良さを併せ持ったシステムも最近ではあります。
 
電動式は、燃費向上やアシスト機能、自動運転技術などの理由で
 
普及し広がって来ましたが、油圧式もまだまだ現役で活躍
 
している車種もありますし、自然で滑らかな操舵性は、
 
ドライビングを楽しくさせてくれます。
 
 
油圧式の故障で最も多い故障がオイル漏れです。
 
可動部分にはシールと呼ばれるパーツやOリングと
 
呼ばれるパーツが使われ、オイルが漏れないようにを遮断していますが、
 
多走行の消耗や経年劣化、過度の負荷(停止したままの据え切り)

などにより最初はにじみ程度から徐々に漏れ出してきます。

放置を続けるとダストブーツが破れやすくなったり、油圧が低下して
 
ハンドリングが重くなってきます。
 
ポンプが原因の場合もありますので、異常を少しでも感じたら
 
早めの点検、修理を受けましょう。
 
高橋

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.025 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔