メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年5月18日(金曜日)

ベルトテンショナーの役割

カテゴリー:  | 13時10分30秒
自動車のエンジンには、電気を発電する「オルターネーター」
エアコンを調整する部品の一つで「コンプレッサー」
最近の車には、少なくなってきているパワーステアリングの「油圧ポンプ」(今は電動タイプが主流)
それぞれのパーツを回すのに、ベルトが使われています。
 
そのベルトには、一定の貼力(テンション)がなければなりません。
そこで、使われるのがベルトテンショナーです

 
ベルトテンショナーは自動的にその車に合ったテンションを設定されているので
後々ベルトが劣化して緩んできても必要なテンションを保ってくれます。
 

 

ベルトテンショナーのトラブルで多いのは回転部分のプーリーベアリング
走行距離が増えてくると、ベアリング部分が壊れてきます。
 
壊れてくると、初めのころは異音が出始め
酷くなってくるとプーリー本体がグラグラに動きだし外れてしまうなどのトラブルもあります。

そうなると、当然ベルトも外れてしまい、電気の発電もしなくなり
パワステも効かなくなるので大変危険です。
 

交換の目安としては、ベルトの定期交換(3〜40,000Km)と同時に行うのが
後々のトラブル対策になるでしょう。
 
大浦
 

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.022 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔