メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年11月7日(水曜日)

ボルトや鉄を温めるインダクター

カテゴリー:  | 18時32分04秒

錆などや固く締め付けられ固着したボルトやナットを緩めるのには
衝撃を加えたり、熱を掛けて緩めることが多いでしょう。

ですが、熱を加えるのにバーナーなど、火炎を使いたくても使えない場所もあります。
燃料タンクの側だったり、熱を加える側にゴム製品があったりなど・・・

最初の写真はハブナックルにボールジョイントがねじ込みで取り付けられていて 
非常に硬くしまっていました。


そのまま、緩めようにも緩まずインダクターで熱を加えると緩めることが出来ました。

次の写真は、錆びによる固着で、そのまま緩めようとしたら確実に
ボルトが折れてしまうぐらいです。


しかし、すぐ上にはボールジョイントのブーツがあるためバーナーを使えず
様子を見ながらインダクターで熱を加えて
少しずつボルトを回して抜くことができました。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.020 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔