メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年11月17日(土曜日)

ヒーターバルブの故障原因

カテゴリー:  | 10時16分15秒

 

このパーツが動作不良になると室内の温度調節が上手く出来なくなります。

例えば、運転席側は温風なのに助手席側は冷風になってしまうなどです。

このような症状の時、エアコンスイッチパネル、配線などに問題が無ければ

ヒーターバルブが故障原因の一つに挙げられるでしょう。

とくに、冷却水の熱やクーラントの劣化が原因と思われる損傷が内部の

ゴムパーツに多く見られます。

この損傷具合によって、バルブの動きを鈍くさせたり、

 
 

画像の様に詰まらせたり、場合によってはゴムパッキンから冷却水が

漏れ出し、コイルがショートしてしまいます。

この様な症状になるとヒーターの温度調整が正常に出来なくなってしまいます。

冬本番を迎える前に一度、点検されてみてはいかがでしょうか?

高橋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.032 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔