メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2018年12月19日(水曜日)

エンジンに欠かせない部品です

カテゴリー:  | 18時45分08秒

自動車の動力源となるエンジンに必要な、エンジンオイルは回転部分や擦れ合う部分を
潤滑させるために、人間の血液を循環させる心臓のように
「オイルポンプ」と言う大事な部品が付いています。

通常外見からはこの部品を目にすることはなく、エンジン内部に組み込まれています。
オイルポンプの種類には上の写真のようなクランクシャフトからチェーンで駆動するタイプと
クランクシャフトに同軸上に付くタイプ、ギアタイプ、その他いろいろあります。

どちらもオイルパンに溜まっているオイルを
ストレーナー(吸い込み口)→オイルポンプ→オイルフィルターを通り
各潤滑部に送ります。

オイルポンプの壊れる原因として、長期間エンジンオイルやオイルフィルターを交換せずに
乗り続けると、不純物(小さな金属粉)が精密に作られているオイルポンプを
摩耗させてしまい油圧の低下を招き、最悪エンジンの焼き付きをしてしまう
トラブルを引き起こす可能性があります。

ポンプトラブルの初期症状として、エンジンオイルは規定量入っているのに
アイドリング時や回転数が低い時にオイルランプが点灯する時は
油圧の低下が考えられますのでオイルポンプ交換をして下さい。

エンジンオイルとフィルターを定期的に交換さえすれば
すぐには壊れる部品ではないですが、過走行車は金属摩耗により
上記の症状があるかもしれません。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.020 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔