メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2019/08
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2019年2月28日(木曜日)

ボールジョイントのトラブル

カテゴリー:  | 16時23分22秒

車のサスペンションやステアリング系に使われている、ボールジョイントは
人間で例えると、関節部分になります。

この部分のトラブル故障として、主にボール部のガタつき(グラつき)です。
ボール部分はあらゆる方向に動き、又大きな衝撃も受ける場所なので
走行距離が増えてくると、内部が減ってきます。

内部には、摩耗を防ぐのにグリスが注入されており、耐久性を保とうとしますが
走行してるうちに、グリスが出てしまったりボールジョイント部分のゴムでできた
ブーツ(キャップ)の劣化により破れたりすると、水が浸入し錆てしまいます。

内部が錆ることによって、摩耗はもちろん、時には異音の発生の原因にもなります。
つい先日も、ハンドルを切ると「ギーギー」と異音がする車両を修理しました。
ブーツを外してみると、錆びて茶色くなっていました。

本来ならば、交換しかない故障修理。車種によりボールジョイント部分のみ
交換できたり、ロアアーム一体式であったりと様々です。
 

今回、異音の出る車両はロアアーム一体式でした。交換することにより
ハンドル操作をしても静かになりました。

ボールジョイント部分は予防とする整備は無いのですが、行うとすれば
ブーツを一度外し潤滑剤やグリスを封入してみることで異音がしなくなる"かも"です。
当然、ガタのあるものは、交換しかありません。
 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.021 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔