メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2018年 12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018/12
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年1月10日(木曜日)

一時抹消と解体抹消

カテゴリー:  | 21時55分40秒

このブログでも何回かお話しましたが、自動車の抹消には2種類あります。

先ずは一時抹消登録!

この抹消をすることで自動車税を止めることができます。

またこの状態では再度登録する事により自動車を使用することが出来ます。

よく、車屋さんにあるナンバーの付いていない状態の車と一緒ですね。

 

そして解体抹消!

こちらは、もう使用しなくなり解体した車の為の抹消で永久抹消とも言われます。

 

今回、このお話をするのは意外に解体抹消が知られていないので書きました。

一時抹消すると登録事項等証明書というものが発行されます。

車検証と似た用紙ですが、解体抹消を知らない人の中にはもう抹消は終わったから

これはただの証明書だな・・と時々捨ててしまう方がいらっしゃいます。

 

これを捨ててしまうと、解体抹消をすることが出来なくなります。

たとえ一時抹消してある車でも車検の残存期間があれば車を解体し解体抹消することで

自動車重量税を還付することが出来ます。

そのためには、再発行しなければなりません。

少し面倒なことになります。

紛失理由書というものを提出すれば再発行出来ますが、一時抹消している方は

是非大切に保管して置いて下さい。

 

石垣


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.021 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔