メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年10月9日(水曜日)

熱線が切れても大丈夫

カテゴリー:  | 21時45分57秒

寒くなってくると役立つ機能、バックドアガラスヒーター。

霜や凍結によって後方の視界が悪くなるのを防止、解除してくれます。

ですが、バックドアガラスに入っている熱線も経年劣化や内側からのキズ等で、

切れてしまう場合があります。

 対処方法としてガラスの交換等がありますが、もっと簡単に直せる方法があります。

 それは、熱線復活キットです。(但し、熱線が内側に付いている物に限ります)

作業としては、それほど難しい事はありません。始めにバックドアガラスヒーターをいれます。 

次に息を内側に吹き掛けると切れている線だけが反応しません。

但し、熱線の本線や配線、スイッチに不良が有る場合はこの限りではありません。

その場合は点検、修理を依頼しましょう。

 次に切れている線を指と目で端から追って行き、切れている箇所を見つけます。

その箇所に熱線復活剤を塗布し、完全に乾ききったのを確認し、熱線の接着を確認して終了です。

寒くなる前に一度、点検して見てはいかがでしょうか!

  高橋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.042 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔