メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年10月22日(火曜日)

バッテリー上がり前の診断

カテゴリー:  | 12時28分34秒

徐々に寒くなりつつあるこの頃、冬季のトラブルとして一番に挙げられるものは『バッテリーあがり』なのではないでしょうか?

バッテリーは化学反応をして充電と放電を行っているため、寒い冬季は化学反応が起こりにくくなり、バッテリーの性能が低下してしまいます。

バッテリーが弱くなってしまう原因は上記の他に以下の事柄が原因に挙げられます。

(1) 一回に走行する距離が少ない。

(2) 常にエアコンを使用している。

(3) 消費電力が大きい電装品を幾つも装着している。

バッテリーの状態を診るにはテスターを使うものですが、一般的にどの家庭でもテスターがあるとは限りません。

また、バッテリーの状態を確認できるインジケーターを見るという方法もありますが、このインジケーターは実はあまり当てになりません。

気温が極端に低下すると突然不良になってしまう場合があるからです。

そこでバッテリーの状態をテスターを使わず視覚や感覚から診断をしてみましょう。

(1) スターターの回りが弱く感じる。

エンジンの始動に時間が掛かる、またはスターターの回転が遅く感じる場合はバッテリーが弱まっている証拠です。

(2) エンジンが低回転時にヘッドライトやルームランプ暗く、回転を上げると明るくなる。

このほかに室内のブロアモーターの回転に変化があったり、スピードメーターランプ光量に変化があればバッテリーが弱まっていると言えます。

以上の診断方法はあくまでも目安に過ぎません。

バッテリーがあがる前に早期の充電、バッテリー液の補充、または整備工場により詳しく診断をしてもらうことをお勧めします。

 

 藤村英樹

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.031 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔