メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年10月28日(月曜日)

マツダMPV(LW3W)のサーモスタット交換

カテゴリー:  | 12時28分00秒

MPVのヒーターが寒い、とのことでサーモスタット交換の依頼がありました。

当社に来店時、水温計を確認してみると温度が低い状態でした。

交換作業に入る前に、サーモスタットの取り付け場所を確認すると
上からはインレットマニホールドがあり、とても手が入りそうも無いので
リフトUPして下から行うことにしました。

そのためには、A/Cコンプレッサーを一度外すことにより
サーモケース全体が確認できるようになり作業は楽に行えるようになりました。

サーモスタットはケースとセットで、お客様がご自分で用意されていたため
アッセンブリ交換となります。

終了後はクーラントを入れ、エンジン内部のエア抜きをするのですが
なかなか抜け切れず、電動ファンの配線を一度外して水温に注意しながら
サーモスタットを開かせエア抜きを行いました。

交換後は、水温計も中間位をしめし暖かい温風がでるようになり作業は終了。

ちなみに、A/C等の補機ベルトは一本ベルトで複雑な取り回しになっているため
メモ取りをすると組み上げる時に迷うことはありません。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.021 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔