メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年11月19日(火曜日)

BMW318i(E46)エンジンからの異音

カテゴリー:  | 12時42分47秒

BMW 3シリーズ(エンジンN42)が入庫したので、エンジンスタートしてみると
エンジンルームより「カタカタ」音がしていました。

音の発生場所を探すと、リフトUPしてオイルパン付近が一番大きく聞こえてきました。
その中でも、4番付近からの音の発生が大きく鳴っていました。

オイルパン内からの異音発生源となると、クランクシャフトにコネクチングロッドが繋がる
メタルの異常磨耗が考えられます。

後ほど分解して、点検する予定ですがその前にOBD II(自己診断機)を取り付けてみました。

 

診断機では現状の電気的な作動状態を確認できるので、エンジン回転と各シリンダーの
ノックセンサー信号を選択し確認してみると

キーONの状態で4つのノック信号は同じ値を確認

アイドリング時は4番の数値が高くなっています。

ですが、高回転にしていくと数値の変化に差は少なくなり、色々なノイズを
拾うのかも知れません。

一番大きく数値の差がある千回転付近では、異音も大きく聞こえていました。

また、1番シリンダーの数値も高めなのでこちらもメタル音がしているのかもしれませんが

4番の音に消されて確認できませんでした。

この様に、診断機を使うことによってある程度の症状を点検できることがわかりました。

 

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.023 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔