メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2019/08
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2013年11月19日(火曜日)

BMW E34 アウターキャッチカバーの取り外し方

カテゴリー:  | 12時46分06秒

E34のウィークポイント『アウターキャッチカバー』のゴムパッキンが劣化を起こし、パッキンがひび割れ、破損してしまうケースがあります。

パッキンが破損をして水がドア内に混入したとしても、E34の塗装は隅々まで行き届いていて、ドア内部には防錆処置(ロウな様なものが塗布されています)が施されている為、ドアパネルが錆びることは無いかとは思いますが、見た目が非常に悪いものになってしまいます。

その『アウターキャッチカバー』の交換方法をご紹介します。




(1) 先ずはドアを開くと見えるドアロック側のグロメットを取り外す。

取り外し方は楕円の中心部分のカバーを取り外した後、カバー外周のグロメットを取り外す。




(2) 取り外したグロメット内を覗くと見えるレバーを押し付ける。

※ レバーを押し付ける前の写真



※ レバーを押し付けた後の写真

完全に止まるまでレバーを押し付けて下さい。


(3) 『アウターキャッチカバー』の上方が浮き上がりますので、上にやさしく引き上げます。


・ 取り付け方法

『アウターキャッチカバー』をドアに挿入後、アウターキャッチカバーを押し付けながら上記で押し当てたレバーを引き戻します。

写真の様な工具を使ってレバーを引き戻しますが、先端を折り曲げた硬い針金(バンセン)でも代用できます。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.022 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔