メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年1月14日(火曜日)

スタビライザーリンク 交換の見きわめ

カテゴリー:  | 12時28分54秒

アンチロールバーとも呼ばれるスタビライザー。

直進時ではそれ程機能をしない部品ではありますが、カーブ時に起きるロール(車体の傾きやカーブ時に外周へ引っ張られる力)を抑える部品。

簡単に説明をすると、右カーブを曲がると右側のサスペンションが沈み、左側のサスペンションが浮き上がろうとする、その差異を打ち消して車体を真っ直ぐな状態で曲らせる働きをするのがスタビライザー(安定装置)なのです。

・ スタビライザーの全景

スタビライザーリンクは主に下で紹介をする2種類があります。


・ ゴムブッシュを使ったスタビライザーリンク

スタビライザーリンクの不具合は目視で確認できる。

ひび割れたブッシュの状態で使用し続けると、スタビライザーリンク内に水が混入して錆びてボルトが折れてしまいます。

ボルトが折れるまで使い続けると高額になりますので、ゴムブッシュのひび割れが見られた場合は早期にゴムブッシュのみの交換が必要です。


・ ボールジョイントを使ったスタビライザーリンク

目視での点検は難しい。

点検方法はスタビライザーリンクを上下に揺さ振るのではなく、スタビライザー本体の末端(リンクの継目辺り)を上下に揺さ振ってスタビライザーリンクのガタ(遊び)を診ます。

ボールジョイントを使ったスタビライザーリンクはリンクアッセンブリー交換となり、ゴムブッシュを使ったリンクよりも高額になります。

滅多なことでは起き得ない話ですが、ガタ(遊び)が大きい状態で使用し続けると、スタビライザーリンクからボールジョイントが抜け落ちてリンクが宙吊りになり、他の部位を損傷、または大事故に繋がる場合があります。

遊び(ガタ)がある場合は安全の為、早期の交換が必要となります。

 

 藤村

 

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.034 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔