メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年1月8日(水曜日)

ベルト鳴きの原因

カテゴリー:  | 12時15分41秒

一般的な車に付いているベルトを大きく分けると2種類あります。

クランクシャフトからの動力をカムシャフトに伝えるタイミングベルト。

クランクシャフトからの動力を補機類(冷却ファン、A/Cコンプレッサー、

オルタネーター、パワステポンプ、ウォーターポンプなど)

に伝えるファンベルトがあり車種やエンジン形状によって動かす場所は様々です。

補機類を動かすファンベルトから異音(キュルキュル)が鳴るケースが多いです。

原因は、ベルトが伸びて滑る、ベルトがひび割れ痩せてプーリーに底当りしている、

表面が焼けて硬くなっている。補機類のベアリングが磨耗している等など

ベルト交換で異音(キュルキュル)が消える場合が多いですが、補機類自体が

壊れていたり、ベルトの張り調整をするテンショナーが原因の場合もありますので、

異音がすぐに鳴り出したら点検、修理を依頼しましょう。

交換目安はタイミングベルトが、10万キロまたはひび割れが確認出来た時。

ファンベルトは、5万キロから10万キロまたはひび割れ、鳴きが発生した時です。

ベルト交換ではテンショナー、ローラーなど付帯するパーツが有る場合は、

同時交換しておくと一度で済みますので良いでしょう!

 

  高橋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.027 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔