メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年1月14日(火曜日)

エンジンマウント損傷による不快な振動

カテゴリー:  | 08時29分08秒

エンジンマウントには主に2種類のタイプがあり、ゴムだけで成型されているタイプと
ゴム成型の中部に液体が封入されているタイプが有ります。

エンジンは重く、常に振動しているため、このゴムが劣化すると乗り心地や走りに影響してきます。
ゴムの劣化ににより硬さがなくなってくると、エンジンが通常位置よりも下がってきたり
マウントが切れてしまった車輌は車体に振動が大きく伝わり
必要以上に加減速時に振れて、ハーネス(配線)やホース類が引っ張られ
切れたり外れたりしてしまうことがあります。
最悪、ラジエーターホースが引っ張られラジエーター損傷などの大きな出費になりかねません。

ボルボの切れているマウント

マウントが切れてエンジンが車体に乗っかった状態

 

また、液体が封入タイプも劣化によりゴム部分が破れ
液体が漏れ出しエンジンを支えきれずに潰れてしまい
エンジンの振動が車体に伝わることもあるでしょう。

液体が封入タイプ

ミッション側のマウントも変形して潰れてきてます。

 

エンジンマウント損傷は後々、色々な不具合を引き起こす可能性がある部品なので
走行距離や車両年数の多い車は点検したほうがいいかもしれませんね。

 

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.030 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔