メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年3月31日(月曜日)

オイルプレッシャースイッチの役割

カテゴリー:  | 08時31分12秒

エンジン内部の油圧が一定量掛かっている事を監視しています。

油圧が一定以下になると、圧力不足となって油圧警告灯が点灯して教えてくれます。

エンジンを動かすにはエンジンオイルが必要不可欠で、オイルがうまく循環している事を

チェックしているのがオイルプレッシャースイッチ(センサー)です。

例えば、オイルをエンジン上部まで汲み上げるポンプの性能低下(ケージング内面や

ギアの当り面が磨耗)やオイルが溜まる所に付いている網目が、汚れて固まったオイルで

詰まったりするとオイルの循環が悪くなり、エンジン上部の吸気バルブ、排気バルブ、

カムシャフトなどが最初に焼き付いてしまいます。そうなる前に危険信号として、

油圧の低下を警告してくれます。また、オイルがどこからか漏れて油量が減れば、

油圧も低下するのでこちらも警告してくれます。車種にもよりますが、

この場合油量警告灯も点灯します。

これらは油圧警告灯が点灯する一例ですし、スイッチ(センサー)本体が故障する場合も

ありますので点灯、点滅した際は、すぐに点検、整備して貰いましょう。オイルライン上に

何らかの不具合が考えられます。

定期的にオイルゲージでオイルの状態、量を点検し、それに合わせたメンテナンスを

すれば未然に点灯の予防ができます。

  高橋


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.023 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔