メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年4月3日(木曜日)

プジョー 307SW の分解、交換時の注意点 足周り編

カテゴリー:  | 08時36分46秒

不具合が起きやすい場所は下記の2ヶ所。

(1) フロントロアアーム

ロアアームブッシュは前後2ヶ所あり、ブッシュ部分に亀裂が発生しやすい。

前側のロアアームブッシュ

ヒビ割れ及び、亀裂が生じています。

後側のロアアームブッシュ

ロアアームブッシュが剥がれています。

そこで、ロアアームを取り外して、ブッシュを指で押し付けてみました。

プレスを使わずしてブッシュが簡単に抜けてしまいました。



(2) リアショックアブソーバーの油漏れ

この車の故障場所としては定番と言われている、リアショックアブソーバーの油漏れ。

ショックアブソーバーの交換は車内のトリム等を取り外す必要がなく、全て車外から行うことが出来ます。

ショックアブソーバーの上部の固定は13mmのボルト2本、下部は15mmボルトに18mmのナットで固定されています。


ロアアームブッシュやショックアブソーバーがこの様な状態で使用を続けると、走行中に『ガタガタ』と異音がするだけでなく、直進時及び、コーナリング時に不安定な挙動を起こし、事故に繋がる可能性が充分にあります。

私的見解ですが、『ハンドル操作を誤って事故を起こす』原因は、足周りの整備不良も関係していると思います。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.031 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔