メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/03
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019/04
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年9月5日(金曜日)

BMW 318ti Mスポーツ フューエルポンプの位置

カテゴリー:  | 08時16分25秒

セカンドシートの座面を前方から引き上げると座面が外れ、フロアマットで隠れてはいるが、その下にフューエルポンプとレベルゲージを交換する為のサービスホールがある。

車体の右側にフューエルポンプ、左側にレベルゲージが存在する。


・ フロアマットをめくる方法

サービスホールをあらわにするにはフロアマットをめくる必要があるが、クォーターパネルの内張りが邪魔をしてフロアマットのめくれる量が少なく、交換をする為の作業性が非常に悪い。

作業性を良くする為には、セカンドシート座面下のフロアマットを全て剥がす必要があるが、それにはクォーターパネルを外すという大変面倒な作業が生じる。

しかし、この車のフロアマットにはスリットがあって、所々に付着しているマット生地をカッター等で切れ込みを入れると、サービスホールの上側にあるフロアマットだけをめくることが可能です。

サービスホールが存在する上側のフロアマットにはスリットがある。

赤丸はスリットの所々に存在するフロアマットを繋げる生地。

ここにカッター等を使って切れ込みを入れる。

するとクォーターパネルを外さずとも、サービスホールがあらわにすることが出来ます。


・ フューエルポンプの取り外し方法

サービスホールの蓋を外して、ポンプを固定しているリングを反時計周りに回して取り外す。

ポンプとポンプを固定しているリングにはエポキシ系ボンドで接着されているが、接着剤を剥がさずともそのままリングを回すことが出来ます。

ポンプ上部にあるフックを引っ張ってポンプをタンクから抜き取る。


・ フューエルフィルターの位置

車体の左側、トランスミッションの真横にフィルターがあります。

 

 藤村

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.023 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔