メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019/02
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年10月1日(水曜日)

アルファロメオ156のプラグ交換

カテゴリー:  | 12時58分04秒

アルファロメオのV6エンジンは、スパークプラグ交換を行うのに
手前側バンクはエンジントップカバー、イグニッションコイルを外すことで
プラグの交換はできますが、奥側バンクは少々手間がかかります。

エンジン上部にあるサージタンクを一度取り外さなければなりません。

そのサージタンクを外すのに、インレットマニホールドに繋がっている
インシュレーター(ゴムパイプ)を一度ずらさなければなりません。

インシュレーターに使われているバンドは、一見するとカシメタイプの
再使用が出来ない物に見えますが、フック状でひっかけるタイプですので
細めのマイナスドライバーかクリップ外し等を使いこじると外すことが出来るので
インシュレーターをずらして、ブローバイホース等を取り外すことにより
サージタンクを外し手前側同様コイルを外しプラグを交換することが出来ます。

プラグを交換した後、インシュレーターを戻しバンドのはめ込みは
ニッパーで根本の方を挟み込むことで元に戻すことが出来ます。

スパークプラグはノーマルプラグで2万Km、白金やイリジュームプラグで10万Km
をめどに点検、交換をすることで排ガスを抑制したりアイドリング不調の改善
になるかもしれません。

大浦


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.032 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔