メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年11月19日(水曜日)

’02 SAAB9−5 (EB235) ターンシグナルレバーの不具合

カテゴリー:  | 12時59分16秒

ウィンカーレバーを動かしたときに異様な遊びがあったり、ウィンカーレバーの戻りが悪いことがありませんか?

原因はレバーを固定するピンが割れると起きる現象です。

※ 写真は正常にレバーが取り付けられている状態

固定ピン同士がつっぱりあってレバーを固定(位置を保持)している。

動かす頻度の多いターンシグナルレバーの固定ピンはテンションが掛かりやすく、また経年劣化によって折れやすくなる。

壊れやすいレバーは優しく扱っていきたい。

ターンシグナルが解除される仕組みはステアリングホイールについているピンが、写真のリターンスイッチに接触することによってターンシグナルが解除される。

赤丸部分が折れてリターンスイッチがステアリングホイールのピンに当り難くなり、ターンシグナルの解除がしにくくなるのだ。

ターンシグナル(ウィンカー)は外部へ意思表示をする為の重要な部分。

レバーの遊びが大きくなった場合は早めの交換をお勧めします。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.020 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔