メンテナンスレポート
最近の投稿
メニュー
 HOME  輸入車パーツリスト 中古パーツリスト  クルマ買取り  整備/レストア  メンテナンス辞典  ほくしょうの知恵袋  テスターKAYOブログ  社長の日常  マイレブログ  会社概要  アクセス お問い合せ  特定商取引法に基づく表記  ● 採用情報 ●  ●社員就業規則●


カレンダー
2019年 6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2019/06
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019/07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


営業日   定休日

営業時間 9:00-17:30

ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

2014年12月9日(火曜日)

’02 SAAB9−5 (EB235) フューエルポンプの取り外し方法

カテゴリー:  | 13時01分24秒

今回紹介をする車両はステーションワゴン型(エステート)です。

フューエルポンプの位置はラゲッジスペースの最前側、セカンドシートの真後ろ辺りにあり、ポンプの上部にあるカバーを取り外す必要があります。

取り外し手順

(1) 燃料ホースを固定している金具を外す。


(2) ホースの抜け止めの役割である黄色い爪を、工具を使って起こしてホースを引き抜く。


(3) ポンプ本体を固定している黒色のリングを、反時計周りに回してリングを外す。


通常ならここでポンプ本体を引き上げて取り外しは完了となるのですが、この車の場合はそう簡単には取らせてもらえません・・・

ポンプ本体は燃料タンク内に仕込まれている筒に固定がされている為、サービスホールからポンプを簡単に引き抜くことが出来ないのです。

※ タンク内にあるポンプを固定している筒。

赤丸部分がポンプを固定している引っ掛けの受け側。

(4) ポンプを固定している爪、4ヵ所を工具を使って起こしてポンプを引き抜く。

ポンプの取り外しに使用した工具は二つ、プラスドライバーとマイナスドライバーです。

最後に説明をしたポンプの引っ掛け部分に気を付ければ、簡単にポンプの交換が可能でしょう。

 

 藤村


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

31 queries. 0.110 sec.

copyright(c)2006 株式会社北翔